ジュエリー

1年通して心地良く!指輪のサイズの選び方!

こんにちは、ジュエリーショップ店長のMiiです。

みなさん、自分の指のサイズはご存知でしょうか?

女性は比較的自分でも把握している方も多いですが、お店に来られるお客様のうち7割位は「初めて測ります」「測ったことあるけどはっきりとは…」という方です。

また、「○号です」っとおっしゃってくださる方でも実際に測ってみると違うことがほとんど…!

この記事では、指輪のサイズ選びについて話していきます。

指の平均サイズって・・・?

一般的な指のサイズは何号なのでしょうか?

様々な情報はありますが女性の平均は8〜12号、男性の平均は14〜18号だと言われています。

この数字を見てもそれぞれ5号の幅があり平均といっていいのかも難しいところですね。

実際にこのくらいのサイズの方は多いですが、個人差があるもので特に男性は最近かなり指の細い方が多いな〜という印象です。

なんと女性の平均サイズの中でも最も細い8号の方も珍しくありません。

指のサイズを測りにいってみよう!

指のサイズ計測はお店で無料でできます。

せっかくなので可愛い指輪を探すついでに「自分のサイズがわからなくて…」と話してもいいですし「サイズを測ってください」と最初から伝えてもOK!!

ジュエリーショップに入るとなると「何か買わされそう…」と少し警戒される方もいるかと思います。

しかし毎日店頭に立っていると「今日は見るだけ〜」という方や「いろんな店を下見中」という方がたくさんいらっしゃるんです。

店員さんも「なんだ、買ってくれないのか…」なんてことは全く思っていないので安心してください^^

むしろなかなかお客様が来られないお店の場合は、少し立ち寄ってお話し相手になっていただけるだけで感謝です!!

いつ測るのがベスト?

一番オススメしたいのは、朝・昼・夕方の計3回!!

そんなに〜!と思うかもしれませんが、人間のむくみというのはあなどれないもの。

私自身普段からよく指輪を身に着けますが、むくみのひどい日だと朝起きていつもスムーズに入る指輪が全く入らず、ぐっと押し込んで入れることが多々あります。

比較的「夕方にむくみがでやすい」という方は多いですが朝方のほうがひどかったり全くむくみがないという場合もあったり様々なのです。

そのため日や時間を変えて最低でも3回は測るのがベストです。

その際、どの時間帯に何号だったのかをしっかりメモしておいてくださいね!

むくみのでやすい時って…?

上記にもある通り時間帯としては朝方・夕方が多いとはいわれています。

他にもお酒を飲んだ翌日はむくみがひどい!という方多いのではないでしょうか。

季節としては冬より夏ですね。暑い時期であることや水分を多くとることが原因だそうです。

ファッションジュエリーならある程度のサイズの差は気にしなくていいと思いますが、結婚指輪など生涯身につける指輪を選ぶ前には自分の指の状態を把握しておけるといいですね。

どんなものでもいいと思うのでその時一番ベストだと思うサイズの指輪を購入し、普段から身につけるようにしておけば、いざちゃんとした指輪を買う!となったときに比較的スムーズに選ぶことができるはずです。

生活や好みに合わせてサイズを選ぼう

その時のぴったりのサイズに関しては計測することで把握できますが毎日身に着ける指輪のサイズを選ぶには、デザイン、着け外しの頻度、好みなどに合わせていく必要があります。

店員がアドバイスできることもあれば、着ける本人にしか分からないこともあるのでそれらを踏まえた上でサイズを選びましょう。

太みのデザインの場合…指に当たる面積が広くなるため、圧迫感が増えます。気持ち大きめがオススメ。

重ね着けする頻度が高い場合…こちらも太い指輪と同様少し圧迫感がでやすいので、元々ぴったりめのサイズを選んでいた場合は気持ち大きめでもOK。

着け外しの頻度が高い場合…特に関節が張っている方が不慣れな状態で無理やり着け外しをしていると指が赤くなり、何度も擦れることでタコになってしまう場合もあります。ぴったりすぎるよりは少しゆとりを持ったサイズでもOK。

好みに関しては、普段から靴や時計を着ける時など「ちょっときつめに着けるほうが好き」「少しゆとりを持って身につけるほうが好き」という方もいるかと思います。

アドバイスに沿って選んだ結果、後からやっぱりこのサイズだと自分には違和感がある…とモヤモヤするよりはじめからベストサイズで選びたいですよね。

もちろん、指輪や生活に支障がでるレベルで異なるサイズであれば店員さんも止めてくれますので、自分の好みのサイズも話してみるといいでしょう。

無理やり着け外しをしたことで少しずつ関節が太くなり、指輪をカットしなくてはいけなくなったり、着けられなくなってしまった方もいます。

大きすぎないほうがいい場合

エタニティリングや正面にデザイン性のある指輪の場合、少し大きいとむくみのない時にくるくると指輪が回ってしまう場合があります。

いちいち気付いた時に向きを直すのがストレスになることも…。

他にも関節が太くて根本が細い指の場合、あまり大きすぎると根本の隙間が多く変形が起こりやすくなってしまうことがあるでしょう。

関節に合わせて選んだり、変形の起こりにくい強度がしっかりしたリングを選びましょう。

購入前に…

このサイズが良さそう!とベストサイズを決めたときはその指輪を着けた状態で

・手をグーパーグーパーした際の指への当たり

・ぶらぶら〜っとしたり手を振ったりしたときに抜けてこないか

・自分で数回取り外しをしてスムーズに行えるか

これらを必ず確認して、不安があるようであれば店員さんに相談してくださいね。

買ったあとで合わないときはどうすればいい??

ブランドや指輪によってはサイズ直しをしてくれることが多いです。

デザインによってはできないものや上下に1号ずつしかできないものもあります。

更にお直しの回数を重ねることで指輪の強度が落ちてしまうことも…。

また金額やかかる日数は様々。最低でも2週間ほどかかってしまうこともあるかと思います。

せっかくお気に入りの指輪を買ったのに、着けられない期間があるのは寂しいですね!

できる限り、最初からベストサイズを選びましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ポイントは

・朝昼夕方の計3回サイズを測ってみよう!

・むくみの有無について理解しよう!

・指輪を着ける頻度や重ね付けなど普段の生活を指輪と結びつけて

自分のベストサイズを考えよう!

ぜひお気に入りの指輪を見つけてたくさん身につけることで、自分のベストサイズを見つけてください!